平成30年度 斐文会講座

セクシャル・ハラスメントの最前線!?

―新しい時代の考え方とは―

   日    時

平成30年12月2日(日)13:30~15:00
   場    所

大阪府立大学 I-saiteなんば 2階 C1

   内 容

ジェンダー平等については、世界記録を「後進」中の日本。たしかに周囲を見渡せば、セクシャル・ハラスメントにマタハラ、アカハラ、パワハラなどハラスメントが目白押し。今夏、医学部入試における長年の女性差別も明らかになりましたが、根っこは同じかもしれません。さらに、性的多様性の尊重もふまえねばならない時代となっています。ハラスメントをなくすためにどうすれば良いのか。♯MeTooは日本でなぜ広がらないのか。大阪府立大学の取組みも紹介しながら考えます。

  講師

プロフィール

田間 泰子(たま やすこ)先生

人間社会システム科学研究科副研究科長・教授。京都大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。2005年に着任。女性学研究センター副主任・主任の後、2010年から6年間、女性研究者支援事業実施責任者。現在、人権・ハラスメント委員会委員。専門は社会学・ジェンダー論。『母性愛という制度』(2001年、勁草書房)、『「近代家族」とボディ・ポリティクス』(2006年、世界思想社)、『問いからはじめる家族社会学』(共著、2015年、有斐閣)など。

 お 申 込 み

斐文会本部へ

 TEL/FAX  072-252-0639

E-mail: hibunkai@alumni.osakafu-u.ac.jp

参加費無料!! 会員以外の方もご参加いただけます。
共催:大阪府立大学校友会
 
 
平成29年度 斐文会講座

盛況のうちに終了いたしました。

大阪の高等教育と女子専門学校         

―大阪府女子専門学校をめぐって

   日    時

平成29年12月10日(日)13:30~15:00
   場    所

大阪府立大学 学術交流会館 小ホール

   内 容

「実学」を重んじる気風が強い大阪では、明治以降、東京に比して高等教育機関の整備が少し遅れる傾向にありました。そういった中、大正13(1924)年に設置された大阪府女子専門学校は、大阪の高等教育史を考える上で、極めて大きな意義があります。大阪府女子専門学校から大阪女子大学への流れもふまえながら、その意義について解説したいと思います。

  講師

プロフィール

山東 功 先生

大阪府立大学学長補佐・高等教育推進機構副機構長・人間社会システム科学研究科教授。大阪大学大学院文学研究科修了、博士(文学)。2000年、大阪女子大学専任講師。三大学統合後、2008年より大阪府立大学21世紀科学研究機構(現研究推進機構)大学史編纂研究所長として、大阪府立大学史編纂事業に従事。専門は日本語学、日本思想史。著書に『唱歌と国語』(2008年、講談社)、『日本語の観察者たち』(2013年、岩波書店)など。

 お 申 込 み

斐文会本部へ

 TEL/FAX  072-252-0639

E-mail: hibunkai@alumni.osakafu-u.ac.jp

参加費無料!! 会員以外の方もご参加いただけます。
 
 
平成28年度 秋の斐文会講座

盛況のうちに終了いたしました。

笑顔を導くセルフカウンセリング~

表情筋ストレッチ&セラピー 

“アンチエイジング”のレッスンで“朗らか体質”になる!!

   日    時

平成28年11月27日(日)13:30~15:00
   場    所

大阪府立大学 学術交流会館 小ホール

   内 容

最近「“不健康な表情筋の修復”が自律神経を安定させ、セロトニン活性につながる」という事が、脳科学の分野でも紹介されています。「10歳若返る笑顔筋(笑顔の表情筋)レッスン」で、どのような時にも平常心を取り戻し、明るい笑顔で生き生きと前向きに過ごすコツを紹介します。

  講師

プロフィール

坂本 弥生 氏

コミュニケーションサポート・ローズウッド主宰。

「コミュニケーション」「メンタルヘルス(心理学)」「表情学」「メンタルトレーニング(NLPによる潜在意識活用)」の4つの学びを組み合わせ、心のバランスを整えて、生き生きと前向きに過ごす為のプログラムを考案。近畿全般で「ローズウッド笑顔教室」を開催。上記プログラムにより「朗らか体質づくり」を推進している。

著書「2週間でしつこい“悩みグセ”とサヨナラする本」(かんき出版) 

 お 申 込 み

斐文会本部へ

 TEL/FAX  072-252-0639

E-mail: hibunkai@alumni.osakafu-u.ac.jp

参加費無料!! 会員以外の方もご参加いただけます。
 
 
平成27年度 秋の斐文会講座

盛況のうちに終了いたしました。

 近江湖国の万葉集 ―いにしへおもほゆ―

   日    時

平成27年11月15日(日)13:30~15:00
   場    所

大阪府立大学 学術交流会館 多目的ホール

   

公開講座などでご活躍の先生です。穏やかな秋の午後のひととき万葉集を楽しみませんか

  講師

プロフィール

村田 右富実 氏 大阪府立大学教授(文学博士)

1962年北海道小樽生まれ。北海道大学出身。

1992年から大阪女子大学勤務。

2005年から大学統合により大阪府立大学教授。現在は大阪府立大学 地域連携研究機構 地域文化学研究センター長。

万葉集を中心とした日本上代文学を専門とし、2005年『柿本人麻呂と和歌史』で上代文学会賞、2012年『わかる古事記』で奈良県主催 古事記出版大賞 太安万侶賞受賞。その他『よみたい万葉集』、『日本全国 万葉の旅 大和編』『入江泰吉の万葉風景 よみがえる万葉のこころ』『南大阪の万葉学』など。

 定  員

300名

(先着順。定員になり次第、受付は終了いたします。必ずお申し込みください。)

 お 申 込 み

斐文会本部へ

 TEL/FAX  072-252-0639

E-mail: hibunkai@alumni.osakafu-u.ac.jp

参加費無料!! 会員以外の方もご参加いただけます。
 
 
平成26年度 秋の斐文会講座

盛況のうちに終了いたしました。

 アーサー・ビナードが語る 日本語ぽこりぽこり

   日    時

平成26年11月16日(日)13:30~15:00
   場    所

大阪府立大学 I-siteなんば 2階

   内    容

日本語でも英語でも詩や絵本をかくアメリカ人が日本語の豊かさや日本の今について語ります 。

著書販売・サイン会もあります。    

  講師

プロフィール

アーサー・ビナード

1967年、米国ミシガン州生まれ。ニューヨーク州のコルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、絵本『さがしています』(童心社)で講談社出版文化賞、絵本『ここが家だ――ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞。

エッセイ集に『亜米利加ニモ負ケズ』、『日々の非常口』(ともに新潮文庫)、絵本に『くうきのかお』(福音館書店)、『ことばメガネ』(大月書店)、翻訳絵本に『ダンデライオン』『どんなきぶん?』(ともに福音館書店)、『えをかくかくかく』『ホットケーキできあがり!』(ともに偕成社)、詩集に『ゴミの日』(理論社)、翻訳詩集には『日本の名詩、英語でおどる』(みすず書房)など。

文化放送と青森放送でラジオパーソナリティーもつとめる。

 お 申 込 み

斐文会本部へ

 TEL/FAX 072-252-0639

E-mail: hibunkai@alumni.osakafu-u.ac.jp

参加費無料!! 会員以外の方もご参加いただけます。 ポスター
 
 
平成26年度 初夏の斐文会講座

盛会のうちに終了いたしました。

       「脳科学からみた子どもの育ち」

   日    時

平成26年6月8日(日)13:30~15:00
   場    所

大阪府立大学 学術交流会館 多目的ホール

   内    容

子どもたちの脳は周りの様々な環境からたくさんの影響を受けて、日々、成長していきます。また、脳を健やかに育むために「食」や「生活習慣」がとても重要となります。子どもたちの脳の健やかな発達のために大切な関わりを、脳科学の立場からお話しいただきます。

  講師

プロフィール

平野直美さん
神戸女子短期大学食物栄養学科准教授 医学博士

専門は解剖学。昭和63年より、和歌山県立医科大学・第一解剖学教室助手に就任し、その後講師となり12年間、基礎医学である解剖学の研究・教育に従事。平成11年より、神戸女子短期大学・助教授に就任。解剖学、生化学、小児栄養学、健康食育論等の講義を担当。現在は神戸女子短期大学「健康・食育研究会」に参加し、「子どもたちの心や体の健やかな発育・発達」「脳を健やかに育てる」をテーマに研究。
主な著書「子どもの『生きる』力を育てる食育ガイド」明治図書

 お 申 込 み

6月6日(金)までに 斐文会本部へ

 TEL/FAX 072-252-0639

E-mail: hibunkai@alumni.osakafu-u.ac.jp

参加費無料!! 会員以外の方もご参加いただけます。 
 
平成25年度 秋の斐文会講座

盛会のうちに終了いたしました。

        和歌を楽しむ

   日    時

平成25年11月17日(日)14:00~15:30
   場    所

大阪府立大学 I-siteなんば 2階 C3

   内    容

宮中「歌会始めの儀」で昨年に続き今年も(通算6度目となる)入選を果たした高校が大阪にあります。生徒の皆さんに豊かな感性を育んでこられた、斐文会員でもある先生方に、その取り組みについてお話をしていただきます。

後半は、気楽に和歌の創作を楽しみます。 

  講師

プロフィール

嶋茂代さん

明浄学院高等学校に勤務して42年

現在、同校非常勤講師

歌集『行けどなお』『遠き森』『迂回路』

点字歌集『嶋茂代選集』

点字毎日選者

田畑陽子さん

明浄学院高等学校に勤務して19年

現在、同校国語科教諭 

 お 申 込 み

11月15日(金)までに 斐文会本部へ

 TEL/FAX 072-252-0639

E-mail: hibunkai@alumni.osakafu-u.ac.jp

参加費無料!! 会員以外の方もご参加いただけます。