2019年度

初夏のつどいご案内

下記の通り、支部総会を開催いたします。

また、総会後、同会場にて、昼食(中華料理)を楽しみながら会員相互の交流の場となるよう、神戸在住の山本章雄先生(昭和51年~大阪女子大学体育教官、現大阪府立大学名誉教授,)をお招きしております。

なお、閉会後には、自由参加での、神戸周辺散策(健脚コース)を予定していますので、同窓の方々にもお声掛け頂き、多くの皆様のご参加をお待ちしております。 

日 時  201969日(日) 1130分~14

会 場  維新號(いしんごう) (てん)(しん)茶室(ちゃしつ)TEL 078-230-3400

神戸国際会館9階 JR三ノ宮駅より徒歩5

会 費  4,000円

 

申込期日 2019517日(金)

申込方法 本部事務局へお問い合わせください。

<山本章雄先生プロフィール> 

1952年兵庫県西宮市生まれ、神戸高校、東京教育大学(現、筑波大学)卒業と同時に大阪女子大学にて勤務。基礎理学科体育研究室、人間関係科、文学研究科などに所属。2002年教授、2005年大学統合で府立大学へ(2018年定年退職) 

専門はバレーボール。現在は日本バレーボール協会 評議員会議長

 

 

2108年度

 63日、明石で一番古い寿司店『菊水鮓』(創業130年)にて、「初夏の集い」を開催いたしました。女専24の大先輩から大32までの17名の参加を得、賑やかに話がはずむ楽しいひとときを過ごしました。まずは、明石の新鮮な魚が自慢の「菊水鮓御膳」を賞味、続いて家族や活動、趣味などの近況報告を交わしました。そして、支部役員の思いとして、これからの支部活動が無理なく続けられるよう、支部補助金の増額を本部へ要望したい旨、お伝えし、賛同を得ることができました。食事の後は、和菓子の老舗『明植堂本店』の喫茶室でくだけた歓談。会員同士ぐっと親近感を増し、来年の総会での再会をお約束して閉会となりました。             (大28社 竹本 千衣子)

 

平成29年度

 梅雨晴れの6月18日、専24から大32の24名が支部総会に出席。会場は神戸北野にあり伝統的建造物に指定されている西洋館の「東天閣」。

 活動報告、会計報告、新役員承認、質疑と滞りなく総会議事を終え、続いて「神戸開港150年と北野異人館」と題し村上繁弘氏による講演。早くから他国の人や異文化を寛容に受け入れてきた港まち神戸の歴史やお勧めスポットなど講師の爽やかな語りに耳を傾けました。

 写真撮影のあと、美味しいお料理をいただきながら歓談。先輩がたから古き良き時代の大阪女子大学のお話も出て懐かしい母校への思いをあらたにいたしました。近況を交えた自己紹介、みんなで校歌を合唱するなど楽しく和やかなうちに時が過ぎました。      (大20生 久保 春美)

 

 

平成28年度

 3月15日(水)に西宮神社会館において西阪神支部「29年度春の集い」を開催しました。他支部からもたくさん参加いただき総勢49名がお天気に恵まれた春の一日、目に染みるような美しい新緑の中、講演、会食、会話を楽しみました。

NHKお天気キャスター南利幸氏のスライドを駆使したわかりやすく、楽しい講演の後、記念撮影、乾杯、賑やかな会食と続いて同窓会ならではの和やかな雰囲気を十分味わいました。

 次回は11月に、「美しい新緑が鮮やかな紅葉に変身する頃」に「秋の集い」を開催予定です。ぜひご参加ください。     (大20国 上野 ともよ)

 

 

平成27年度

春の集いの報告

 35日(土)、三宮の西村屋ダイニングにて「春の集い」が開かれ、暖かな陽ざしの中、専22から大32まで24名が参加しました。

入江一恵(専22保)様の「食を通した福祉コミュニティづくり」と題したご講演からスタート。地域に貢献されるすばらしいご活躍はテレビでも紹介されましたが、いきいきと活動されるご様子を間近で伺うことができ、あらためて尊敬の念を深くいたしました。

続いてお喋りに花を咲かせながらの会食。互いの近況からたくさんの元気をいただきました。

 この後、小田真一様・正子様によるオカリナとギター演奏の美しい音色に聴き入りました。懐かしい曲の数々をみんなで歌うなど、和やかで楽しいひとときとなりました。

                                   (大20生 久保 春美)

 

春の集いのお誘い

この度、“春の集い”を開く運びとなりました。寒さも和らぐ弥生三月、春の訪れを待つ明るく楽しい会になればと願っております。お誘い合わせの上、ご参加いただきますよう、お待ち申しあげております。

日時:平成28年3月5日(土)11:45~14:45(11:30受付開始)

場所:西村屋ダイニング 

   神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館10階

   TEL 078-230-3330

会費:4,700円(当日受付にて)

スケジュール:受付後 写真撮影

       お話 入江一恵(専22保)さま

       「食を通した福祉コミュニティづくり」

       昼食・歓談

       オカリナとギター演奏

締め切り:2月10日(水)

以上

申込み先等、お問い合わせは本部事務局まで

 

 

支部総会報告

 67日(日)神戸国際会館の「維新號(いしんごう) (てん)(しん)茶室(ちゃしつ)」にて、2年に一度の支部総会を開催しました。出席者は20名。

 活動報告、会計報告、新役員3名が承認されました。議事終了後は、神戸支部会員でもある難波理事長(大21生)のお話をお聞きしました。斐文会報作成で工夫されたこと、参加体験型の講座を実施したことなど経験を話されました。

 食事の後は、皆さんからのひと言。ボランティア活動を続けておられる方、お仕事をがんばっておられる方、趣味を楽しんでおられる方など、それぞれの思いを語っていただきました。

先輩方は若い人からエネルギーを吸収し、後輩たちはお元気で活躍されている先輩方からパワーをもらい、斐文会ならではの世代を超えた交流ができました。再会を約束して解散となりました。       (大22社 坂口 直子)

 

 

平成26年度

 6月1日(日)中納言新神戸店にて、親睦会を開催、参加者は16名。

 大2生の澤純子さんをお迎えして、お仕事や人生の楽しさなどをお話していただきました。ボケないための3つの心得を伝授していただきました。頭を使う(本を読むなど)心を使う(音楽を聴く、芸術を鑑賞するなど)そして、体を使うことです。

 お話の後は、食事と歓談、初対面でもすぐ打ち解けあえる同窓の良さで和やかな時を過ごしました。

 他の催しは以下のとおりです。

 3月2日(日)グリコピア神戸工場見学、参加者5名。

 5月22日(木)明石海峡大橋ブリッジワールド吊り橋体験、参加者3名。 

 7月16日(水)キリンビール神戸工場見学、参加者6名。

(大22社 坂口 直子)

 

 

 

平成25年度

7つの企画

神戸支部では、今年度より、会員の交流を増やそうと、7つの企画をたてました。

◆姫路城大天守修理見学 11月13日(水)参加者は5名。修理見学施設「天空の白鷺」に入館し、8階の見学スペースへ。美しく修理された大屋根を間近で見ることができました。次に、千姫ゆかりの西の丸長局(百間廊下)を見学。隣接する西御屋敷跡庭園「好古園」内の「活水軒」で昼食後、お庭を散策。秋晴れの一日を楽しく過ごしました。

◆神戸市会本会議の傍聴 12月10日(火)参加者は3名。議員2名の一般質問と市長らの答弁を傍聴しました。午前の部終了後、市長舎24階のレストランで食事をしながら、海と山の眺望を満喫しました。

   (大22社 坂口 直子)

 

 支部総会

 6月29日(土)神戸吉兆(神戸市中央区)において神戸支部総会を開催いたしました。参加者は13名。

今期活動報告・会計報告等満場一致で承認され、支部活動への意見交換では建設的かつ有益なお話がざっくばらんに交わされました。来期役員も決まり神戸支部がまた、新たにスタートいたします。

 楽しい午後でした。お料理も美味、3分間スピーチでは皆さまの活動的な近況をうかがい知ることができました。なごやかで温かいこの会で同窓生としての絆もより強まったのではないかと思います。

 翌30日は「水無月祓」。会場玄関には夏のしつらい「茅の輪」。これをくぐった私たちは無事に「夏越しの祓」も終えたことでした。

(大16国 伊賀上 ミヱ子)

 

 

平成24年度

 平成25年1月20日(日)酒心館ホール(神戸市東灘区)において神戸支部・西阪神支部の合同新年会「落語と会席料理とおしゃべり」の会を催しました。

専20回から大38回まで、他支部からのご参加も含め総勢51名。「笑う門には福来る」と申しますが、新進の落語家・桂福丸さんのお噺「桃太郎」と「竹の水仙」に大笑いの後、先日山中教授が出席されたノーベル賞授賞晩餐会で供された純米吟醸酒「福寿」で乾杯。蔵の料亭「さかばやし」心づくしの会席料理に舌鼓を打ちながら、おしゃべりもたっぷり楽しみました。さらに福丸さんが思いがけないお年玉をご用意くださり、急遽お年玉獲得じゃんけん大会も。見事じゃんけんに勝ち残った4名の方が落語手ぬぐいや落語カレンダー、ワインといったお年玉をいただきました。最後に恒例の校歌斉唱の後、来春の合同新年会での再会を期してお開きといたしました。

明年も皆さまと楽しいひと時を過ごすことができれば幸いです。今回参加できなかった皆さまも、次回はぜひお時間を作りお出かけください。お待ちしております。           (大23英 尾崎 美穂)